ファッションの歴史 > 50年代ファッション >ビートニクス~ロックの誕生

ビートニクス~ロックの誕生

ロックとジーンズ文化の始まり

ファッションと大きく関係のある音楽、ロックが生まれたのは戦後。ロックが世界中に知れ渡ったのは1955年の映画「暴力教室」タイトルバックに使われたビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」と言われています。そして、それから間もなく登場するのがエルヴィス・プレスリーです。

ビートの聞いたサウンドはエルヴィス・プレスリーの名前とともに瞬く間に世に広がっていきます。このようなロックの愛好者たちのことはビート二クス(ビート族)と呼ばれるようになりました。そのプレスリーのスタイル、黒の革のジャンパー、リーゼントがビート二クスファッションとしてロックとともに広がりました。 

またプレスリー以外にも影響を与えたのがジェームズ・ディーンです。ジーンズに革ジャン、Tシャツのスタイルもここから広がっていきます。

しかしこれはまだ、先駆け的なものであり、ジーンズの本格的な登場は60年代後半になってからでした。

■ハイ・ファッションでのビートニクス

ハイファッションの世界では当時クリスチャン・ディオールのデザイナーだったイヴ・サンローランが60年に革のスーツ、コート、タートルネックを黒で統一して、ビート二クス風のファッションを提案しますが、これはすこぶる評判が悪いものでした。当時のオートクチュールの葉世界ではストリートファッションの影響など許されるものではなかったのです。

イヴ・サンローランはこの後、徴兵の留守中に一方的にクリスチャンディオールのデザイナーを解雇される結果となってしまいました。

■日本でファッション 「太陽族」

1955年に発表された石原慎太郎『太陽の季節』が芥川賞を受賞し、映画化されヒットしました。ブームを生み出します。戦後の無軌道で不道徳(と言われていた)な若者の姿が描かれていました。「太陽の季節」では戦後の無軌道で不道徳な若者の姿が描かれていました。

画が封切られると、その登場人物たちのファッションスタイルを真似た若者達が多く見られるようになり、一種のつっぱりが誕生します。彼らは「太陽族」と呼ばれるようになります。そのファッションの特徴はスポーツ刈りの前髪を短く刈りそろえないで額に垂らしておく髪型、Tシャツ、アロハシャツ、サングラスというものでした。