ファッションの歴史 > 19世紀ファッション > オートクチュールの誕生

オートクチュールの誕生

オートクチュールとは?

オートクチュールという言葉は、さまざまな定義がなされていますが、一般的にはパリの高級注文服業界でつくられる服のことを指します。19世紀後半に活躍した、イギリス人デザイナーのシャルル・フレデリック・ウォルト(英語読:チャールズワース)が最初のオートクチュールデザイナーです。

オートクチュール以前のファッション業界

オートクチュール以前のファッション業界の仕組みは、現在とは大きく異なるもので、すべてが分業されていました。テキスタイル(生地)のメーカー、アクセサリー・装飾品を取り扱うメーカー、仕立屋(デザインをするクチュリエ、ドレスメーカー)、縫製担当者が別々に存在していたのです。

各企業が別々に存在するのは現在も当てはまりますが、この当時はカスタマー(注文者)は自身で、生地を買い、装飾品を集め、そのパーツを仕立屋に持っていき、仕立屋が注文者の体に合わせてデザインし、最後の縫製は仕立屋とは別に存在する針子が請け負うシステムだったのです。これには当時のギルド制が背景としてありました。

当時のファッションの最大のステータスは、テキスタイル(生地)にあり、デザイン面に関してはそれほどステータスが高くなかったと言われています。

オートクチュールの誕生

オートクチュールのシステムを作ったのはイギリス人のシャルル・フレデリック・ウォルト。彼は1860年代、ナポレオン3世時代の皇室ご用達のクチュリエ(ドレスメーカー)として名を上げます。

従来のファッション業界のシステムは非効率だと考えていたウォルトは、ファッション業界のシステムを変えてしまいます。その新しいシステムがオートクチュールです。

それはデザイナーが複数の服のサンプル(モデル)を用意し、モデルに着せて見せ、それを顧客が選択し、自分の体のサイズに合わせて作るというものです。デザイナーはテキスタイルの選定、デザイン、仕上がりの見直しまで一貫して管理する立場となりました。

これにより、顧客に服が届くまでの時間が短縮、生産システムが効率的になり、より多くの顧客にウォルトの服を届けることが出来るようになったのです。オートクチュールはこの生産システムの元に生まれました。

※ちなみにウォルトは、顧客同士が同じ服を同じ場所で着ないように、顧客の住む場所、服を着ていく場所など、すべて顧客の情報を管理し、ウォルトの服を供給していたと言われています。

そして、現在にまで残る、「パリ・クチュール組合」(通称サンディカ)の基盤となる「フランス・クチュール組合(The Chambre Syndicale De La Confection Et De La Couture Pour Dames Et Fillettes)」が1868年に創設されます。これがオートクチュールの起源と言われています。

現在オートクチュール組合(サンディカ)の正式加盟店はシャネルクリスチャンディオールジバンシーなどです。(詳しくはサンディカ加盟ブランドのリスト参照)

デザイナーの誕生

1870年のナポレオン三世の帝政崩壊後、これまでの皇室中心のファッションスタイルは崩れましたが、ブルジョワジー(裕福層)、アメリカの富豪を中心とした、ファッションへと移行します。シャルル・フレデリック・ウォルトは帝政の崩壊で、一度はビジネスをクローズするものの、裕福層を顧客につけ、再度栄華を極めます。

この帝政の崩壊がファッションの道を切り開くことになりました。それはこれまでファッション業界で絶対的な権力ち、ある種のトレンド、美学をつくってきた、皇帝がいなくなり、絶対的なものがなくなったからです。ファッションデザイナーは「皇室の服(すなわちその時代のトレンド)を作っている人」から「自身がトレンドを作る人」になったのです。

こうしてウォルトなど優れたクチュリエの服を着ることが、ある種のステータス、トレンドとなり、デザイナーという職業が生まれ、ファッション(トレンド)を作るものが「着るもの(皇室)」から「作るもの(デザイナー)」に代わったのです。