ファッションの歴史 > 90年代ファッション > ミニマリズム

ミニマリズム

ミニマリズム

ミニマリズムとは美術・建築などの造形芸術分野において、1960年代のアメリカに登場した傾向で、必要最小限を目指す手法を指します。ファッションにおいてのミニマリズムは、90年代に主流となった、装飾的な要素を最小限に切り詰め、シンプルでシャープなフォルムのデザインを意味しています。言葉としての由来は最小限(Minimal)主義(ism)からきています。

芸術面で言われる、ミニマリズムは、抽象美術の純粋性を徹底的に突き詰めたもので、ファッションでいうミニマリズムとは意味合いが異なります。ファッションにおけるミニマリズムは、もう少し単純なもので、余計な装飾を削ぎ落とし、シンプルなデザインであれば、たいていはミニマルと表現されています。

80年代のファッションは、ゴージャスで、豪奢なでデザインが主流でした。対して90年代は、80年代の反動からか、よりシンプルなデザインが主流となります。

ヘルムートラングのミニマリズム

ヘルムート・ラングが、「ミニマリズムの旗手」と呼ばれています。彼は、80年代後半あたりから装飾的なものや技巧的なものを排除し、最小限のミニマルな手法のシャープなスタイルを提案してきました。これは多くのデザイナーに影響を与えることになります。

このようなシンプルなデザインは、アルマーニジル・サンダーが早くから取り入れたと言われていますが、「ミニマリズム」と言われるものを完全な形にしたのはヘルムート・ラングと言われています。

ジルダンダーは、ミニマリストとして有名ですが、アルマーニはミニマリストと言うよりは、機能性を追及した結果、シンプルになったという印象で、ミニマリストとは表現されないことが多いです。

フセイン・チャラヤンのミニマリズム

ミニマルアートに近いデザインを追求しているデザイナーは、フセイン・チャラヤンです。チャラヤンのデザインは、とても哲学的で、建築的な印象を受けるのですが、それでいてシンプルです。

彼は、自身のデザインについて次のように語っています。「何かをデザインするのは、機能があってこそです。デザインは最終的にミニマルに帰着します。しかしその作品の中にたくさんのリサーチや思想が詰め込まれていいる。」