ファッションの歴史 > 60年代のファッション > パンツスタイル

パンツスタイル

パンツスタイル(パンタロン革命)

イヴ・サンローランは60年代後半にパンツスタイルを積極的に提案します。これはシティ・パンツと名づけられパーティードレスとしてではなく、日常着としてスカートに代わる女性の基本的な服装スタイルに定着させようという意味が込められていました。

パンツの特徴はストレートになだらかな線をもつシルエットである点です。これは非常に既製服しやすい形でもあり、一般的に普及させる上でも問題ありませんでした。このエレガントなパンツ・スタイルは、始めは大きな流行にはなりませんでしたが、徐々にミニ・スカートに代わる新しい女性服のスタイルになって行き、やがてはマスファッションの世界に取り込まれていきます。きっかけはアメリカで売れ始めたことでした。

※パンタロン…長ズボンやパンツ類をさすフランス語。日本では裾広がりの長ズボンを呼ぶ。このページでのパンタロンはフランス語定義、パンツ類を指している。またパンタロン自体はクレージュが60年代前半に提案しているが、どちらかというとイヴニングドレス的な傾向が強く、「日常着」を意図したイヴサンローランとは意図が異なる。

■60年代後半のファッション

60年代後半のファッションの特徴は機能美を追求するものでした。「女性は(従来のようなスタイルで)女性らしく振る舞わなくてもいいのではないか」というウーマン・リブ的な発想がその根底にはあります。それは女性の服装美学の中でははじめて出てきたものでした。

やや伝統的な手法でマニッシュなデザインがイヴ・サンローランやクリスチャン・ディオール(デザイナーはマルク・ボアン)等

前衛的な手法で表現したのがクレージュエマニュエル・ウンガロ等ですが機能美の追求が根底にはあります。

少々外れるのがピエール・カルダン。実験的で前衛的なものが多く、実用的でないものも多くありました。

40年代から50年代にあったような「シルエットの変化」をハイファッションの主流にはできなくなったのが60年代と言えます。一つのシルエットがシーズンの流行の基本パターンになるやり方ができなくなったのです。

消費者の傾向が多様化してきており、コレクションの中でデザイナーはさまざまなシルエット、スタイルを提案しだしています。そのためジプシー(民族衣装系)や漁村のスカートをテーマにしたもの、宇宙服スタイルなどさまざまな提案がされています。