ファッションの歴史 > 20年代、30年のファッション

20年代、30年代のファッション

20年代、30年代ファッションのコンテンツ

大量生産とファッションの既製服化

20世紀初頭、大量生産時代の幕開けを迎えます。ファッション業界もやや遅れて、20年代に既製服化への動きが始まります。理由としては直線的なシルエット、ファッションのシンプル化です。流行の構造がシンプルになったことから、当時の既製服の技術でも、そのスタイルを真似ることができるようになりました。また、サイズの標準化が進んだ点、体系のカテゴライズが進んだことも要因となりました。(今でいうS、M、Lといったものです。)

ファッションのシンプル化

女性の社会進出、働く女性が急増し、「動きやすい」服といった機能的な特徴も必然的に求められるようになります。パリでは、ギャルソンヌ・ルックと呼ばれる、知的、行動的、洗練されたモダンガールを指すスタイルも流行します。

モダニズム

モダニズムと呼ばれる、大衆消費社会を背景にして生まれた芸術活動がファッションにも影響を与えます。、ファッションのモダニズムが目指したのは、装飾を排除することでした。造形面でのシンプル化が進んだのです。

ファッションとアート

より機能的で、シンプルな方向に進もうとする主流がある中で、一際目立った、目新しかったのが、前衛芸術をファッションデザインに取り込もうとした、エルザ・スキャパレリです。

20年代、30年代に活躍したデザイナー

クレア・マッカーデルエルザ・スキャパレリシャネルジャン・パトゥなど。