ファッションの歴史 > 20世紀の初頭のファッション

20世紀初頭のファッション

20世紀の初頭のファッションのコンテンツ

女性ファッションの変化、コルセットからの解放

シルエットを支配していたコルセットを外すファッションを提案したのが、ポール・ポワレです。ポワレはウエストの位置を上げ、緩やかなシルエットを打ち出しました。

高いウエストの位置から、布をドレープさせ、布の曲線の美しさを表現しました。これが長く主流であったコルセットからの解放のきっかけになったと言われています。

オリエンタリズムを取り入れたファッション

オリエンタリズムは中国、インドなど「欧州から東方」をひとまとめにして、工芸品、美術、文学など様々な文化を、欧州のものに取り入れるムーブメント。

西ヨーロッパにはない異文明の物事・風俗に対して抱かれた憧れや好奇心が根本にあるトレンドです。20世紀の初頭(20世紀の前後)にこのようなスタイルが上流階級の中で流行したと言われています。

ファッションブランドと香水

ファッションデザイナー、ファッションブランドが、香水を発表する最初の試みはポールポワレによって行われました。これはファッションデザイナーが服作り以外の創作活動をすることがなかった当時としては革新的な出来事でした。

ポワレは香水以外にも、インテリアの事業も手がけており、新しいライフスタイルへの取り組みを行っていました。

20世紀初頭に活躍したデザイナー

ポールポワレ、、マドレーヌ・ヴィオネシャネルジャン・パトゥなど。