ファッションの歴史 > 19世紀ファッション > オートクチュールの加盟ブランド

オートクチュールの加盟ブランド

「フランス・クチュール組合(The Chambre Syndicale De La Confection Et De La Couture Pour Dames Et Fillettes)」が1868年に創設され、現在は、「パリ・クチュール組合(The Chambre Syndicale De La Haute Couture)」(通称サンディカ)と呼ばれています。

1946年オートクチュール組合に所属しているメゾンの数は、約100あったと言われています。それが50年代前半には約60にまで、90年代にはとうとう18メゾンにまで減少しました。そして現在は下記のメゾンのみとなっています。

サンディカ正式加盟店のリスト

シャネル(Chanel)
クリスチャンディオール(Christian Dior )
クリスチャンラクロワ(Christian Lacroix )
ジバンシー(Givenchy)
ジャン・ポール・ゴルチエ(Jean Paul Gaultier )
ジャン・ルイ・シェレル(Jean-Louis Scherrer )
ドミニクシロー(Dominique Sirop )
フランクソルビエ(Franck Sorbier)
アドリーヌ アンドレ(Adeline Andre)

フランス国外メンバー

フランス以外に籍を置くブランドのオートクチュールメンバーです。近年、アルマーニが参加して話題となりました。

エリーサーブ(Elie Saab)
ジョルジオアルマーニ(Giorgio Armani)
ヴァレンティノ(Valentino)

過去正式加盟していたブランド

現在はオートクチュール組合から脱退していますが、過去にメンバーだったブランドです。

アトリエ・ヴェルサーチ
イヴ・サンローラン
クレージュ
シャルル・フレデリック・ウォルト(リチャードワース)
ギ・ラロッシュ
エマニュエル・ウンガロ
エルザ・スキャパレリ
ジャン・パトゥ
ニナリッチ
ハナエモリ
バレンシアガ
ピエール・カルダン
ランバン
トレント(TORRENT)

最近パリ・オートクチュール・コレクションにゲスト参加したブランド

オートクチュール組合に、正式加盟はしていないものの、招待などを受けて、オートクチュール期間中にコレクションを発表しているブランドです。

アン・ヴァレリー・アッシュ
ヴィクター&ロルフ
マルタン・マルジェラ
エイメリック・フランソワ
ミラショーン